読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little Works

ワーキングマザーの子育て日記

わりと激動だった一週間

あっという間に、前回更新から1週間。

その間に、

 

①ピアノの先生の面談をもう一件こなし近所の先生に決めようかなと思っていたところで、

②購入したピアノ関係の本を読んで教室の選び方がガラリと変わり、

③新しい基準に基いて探した教室の体験レッスンの予約を入れ、、、

④なんてことをしていたら兄弟そろって発熱。

⑤風邪を引いたことで、扁桃腺肥大の弟のいびきが再びひどくなり、眠りが浅く、苦しそうで、夜中に何度か起きることもあり、

⑥やっぱりこのままじゃいけないなと思って仕事を休んでいくつか町医者にかかり、小児の扁桃腺切除に詳しい総合病院を紹介してもらって予約をした。

 

ってなことがありました。

 

扁桃腺切除については、毎晩苦しそうな寝息を見ているのが辛く、最近では「早く手術をしてほしい、手術をしてくれそうな病院を教えてほしい」と思うようになりました。

 

ピアノレッスンについては、以下の2冊を読んで、今まで漠然としていたレッスンの目標が明確になりました。

 

七夕の短冊に「ピアノレッスンがなくなりますように」と願いを書いた女の子の話が出てきて印象的でした。何年もピアノを習っていた子でもレッスンを受けなくなると、ピアノを弾かなくなる子がほとんど、というのも。

 

これらは全て、子どものせいではなく、ピアノの先生の責任だ、と言い切ってくれていて救われました。

 

テレビから聞こえてきた曲を教室で即興で弾いて、「この曲を弾いてみたいんだけど楽譜ありますか?」って聞く子がいたそうです。

楽譜がないのにどうやって弾けたのかというと、絶対音感があり、音楽の理論を学んでいるので、キーとなるメロディに自分で和音を組み合わせることができた、からだそうです。

 

そしてこれは、特別な能力ではなく、正しいやり方で練習を積めばだれでもできるようになることらしく、本ではこういった状態になることを「音楽的自立」と呼んでいました。

 

決定!

ピアノレッスンを受ける目的→息子たちが音楽的自立を果たすこと。

 

そのためには

→導入期のレッスンがとても大事らしい(詳細はこちらの書籍で。)

 

 

感性と知能を育てる 音楽教育革命! (花まるメソッド音の森)

感性と知能を育てる 音楽教育革命! (花まるメソッド音の森)

 

 

子どもが楽器の練習をする動機には「自発的動機」と「内発的動機」がある。

自発的動機とは、 「練習したら先生 ・両親に褒められる、発表会で恥をかかない」等の対外的な理由で練習すること。

内発的動機とは、「ピアノを弾きたい」から弾くこと。

 

小学校3年生くらいまでは楽器を好きになることにとにかく注力すべき。

子どもの発達段階を理解し、それに合わせたレッスンをすることがとても大事。

 

 

 

他にもほぉ!と思う点は色々ありましたが、まとめるとこんなピアノ教室が良さそう

◯音楽的自立を目標としていそう(楽譜主義ではない)

絶対音感トレーニングを行っている(必須ではないが、絶対音感があると楽器をするうえで色々良さそう)

◯子どもの発達を知っている、それに合わせたレッスンを提供している

◯先生が、子どもがレッスンを好きになる努力をしている

 

こういう視点で調べてみたら、今までとは全く違う教室が2つ、候補にあがってきました。(2教室とも満席の日が多く、希望の日にレッスンを受けるには空き待ち覚悟)

残念ながら、第一候補だったチャリ圏内の教室は候補外へ。

 

0歳の時のネンネトレーニングの時もそうでしたが、本当に自分が求めている情報って、なかなかネットには出てこなくて、やっぱりそれなりの情報対価を払わないと得られないものなんだなと今回改めて実感しました。

 

もちろん、体験レッスンを受けてみたら、教室が思っていた感じと違うかもしれないし、息子たちが通いたくない、と言うかもしれない。1年も続かないかもしれないし、音楽嫌いな子に育つかもしれない。

 

それでも、このモヤモヤをスカッとさせてくれた、ピアノ教室の明確な選び方の基準を示してくれた本との出会いに感謝でした。

ピアノの先生、さがしてます。

3歳になったー!と思ったらあっという間に3歳半目前。そろそろピアノを習わせたいなーと思っているけど、動いてわかった。習い事させるのって、容易じゃない。。

場所(自宅または車で10分以内)、条件(レッスンは土曜午前)、金額(月謝1人7,000円以下)、そして、人。

 

マッチする教室を探すだけで一苦労(3歳をレッスンしてくれる教室が限られていたり、希望通りだけど母親同席だったり、双子の時間帯をどうするか、とか。)。

 

今日は先生との面談でした。

 

一応来月からはじめてみようかなーと思っているところですが、個人的には「人柄」のところで、息子たちがどう思うのか、通うのを嫌がらないか少し不安が残ります。(エレガントでリアクション控えめな年配の女性が先生、、と書けば伝わるでしょうか、、ww)

 

そして始めるなら次は、本人が苦痛でなく、生活の一部として練習できる環境・仕組みづくり。(月謝を払っている、というプレッシャー。高い月謝、無駄にしたくないぞー)

 

ピアノ関係の本、古本の値段も高ければ、図書館にも、なーい!

うぇーん高いよー

 

高いけど、読みたいよー

 

ピアノの先生に知ってほしい 乳幼児の発達とレッスン?3歳・4歳の指導法?

ピアノの先生に知ってほしい 乳幼児の発達とレッスン?3歳・4歳の指導法?

 

 

↑このシリーズ10冊を超えている、、気になる。

 

 

 仔犬のワルツ、が(私の勝手な)一つの目標です。

おしゃな昔ばなし絵本


f:id:akikotkg318:20170515123908j:image

お友達の双子ちゃんママに、こちら↑のももたろうを紹介してもらって読み始めて以来、

 

息子たちが昔ばなしにハマりまして、絵本・アニメ問わず「赤ずきんみたいー」とか「3びきのこぶた読んでー」とかリクエストしてきます。

 

なので先日群馬に帰省した時に、主にブックオフでこのちっちゃい絵本シリーズを何冊か買いました。


f:id:akikotkg318:20170515124206j:image

 

これはこれで軽くて読みやすいし、独特のアニメ風の絵の描写も嫌いじゃないんですけど、、なーんかテンション上がんないよね〜

 

と思っていたところ、

噂のトイプラ(ご存じないかたは トイプラネット で検索!)でこちら↓のシリーズを見つけました。

 
f:id:akikotkg318:20170515124414j:image

こちらは、チャイルド本社が出版する、 みんなでよもう日本の昔話 というシリーズで、一般には販売されず、幼稚園や保育園を通じて定期購読する絵本です。


f:id:akikotkg318:20170515124438j:image

とにかく絵が可愛い(さるとかに)

 

f:id:akikotkg318:20170515124637j:image

海の中が素敵空間(うらしまたろう)


f:id:akikotkg318:20170515124615j:image

構図が斬新&乙姫美しいぃ

 

という感じでなかなか良かったので、他のシリーズもメルカリで買ってみました。

36種類くらいラインナップがあるようでした。そのうちの12冊をゲット。1冊150円くらいでした。

 

小だしにして読んでいこうと思います。

 

ちなみに、巻末に保護者向けの解説がありそれも面白いです。一般販売すればいいのに〜

扁桃腺手術見送り

昨日大きな病院での診察でした。

(弟が扁桃腺肥大によるいびき、睡眠時無呼吸症候群らしき症状が出ていました。)

 

レントゲン検査の結果、扁桃腺だけでなく鼻奥のアデノイドも肥大しているとのこと。

 

滲出性中耳炎は完治。キレイですね〜!と言ってもらえました(^^)

 

最近はいびきと無呼吸の回数が減り、専ら口呼吸で寝ていることをお伝えすると、じゃあ手術は来年以降にもう一度検討しましょう。ということになりました。

 

無呼吸がひどく、身体の成長が遅い、や、日中機嫌が悪いなどの症状が出ている場合は即手術だそうですが、

 

そうでない場合、3歳12キロで受ける全身麻酔の手術の負担が大きいため、もう少し大きくなってからの方がいい、という判断でした。

 

一部納得。ただ口呼吸で寝てること、最近兄との体重差が開いていること、など心配な点もまだあるので、

 

別の病院でのセカンドオピニオンを検討中です。積極的に手術をしたいわけではないのですが、ほっといていいのか、もう少し聞きたいなって。

 

読書メモ 夏に向けて

最近とんと身体の代謝がとんと落ちたと感じます。

お腹周りが脂肪の備蓄倉庫と化しており、今までだったらいつのまに増減していた体重も、今は増加の一途を辿っています。

今年は幼児プールで子どもを遊ばせている間に(子どもは夫に任せて、、)自分も水着を着て隣の大人用プールで泳ぎまくりたいので、世の雑誌がこぞってダイエット特集を組むこの時期に、私も生活の見直しと肉体改造を決意したのでありました。

今読んでいるのは以下3冊

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

 

 

下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」 (だいわ文庫)

下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」 (だいわ文庫)

 
体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」 (だいわ文庫)

体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」 (だいわ文庫)

 



どれもレビューやAmazonの売れ筋をチェックして購入したものですが、新しい発見に満ちた内容でした。レビューをきちんと書く余裕がないので、おぉ!と
思ったところをメモ程度に書いていきます。しばらくはこのネタについて、Twitterにしろよ!とツッコミが入りそうな短い内容の細々更新が続く予定です。

『SLEEP』より
(運動の時間を確保するためにもう少し睡眠を短くしたい、けど起きるのが辛いのはイヤ!と思って睡眠について知ろうと思って買いました。)

•理想の生活を送る、理想の身体になるためにはホルモンを司ることが何より大事
•運動は朝、有酸素運動より筋トレ
•アルコール摂取直後の入眠は睡眠の質に問題あり、アルツハイマー病発症リスクも高める
•真っ暗で寝ることが大事、目だけでなく皮膚でも光を感じてしまう。光を感じるとぐっすり眠るためのホルモンの分泌が減少する。


ピークを避けて夜移動

今回のゴールデンウィーク、行きは金曜夜9時に出発しました。

 

当日は残業で19時近いお迎えとなってしまったので、そこからマックでよるごはんを済ませ、近所の日帰り入浴施設でお風呂・歯磨きを済ませパジャマで車に乗り込みました。

夕飯を済ませた夫と合流しいざ群馬へ出発。

 

乗車してすぐに息子たちは入眠、夜は道がすいてるので想定より早く到着できました。

 

帰りも、日帰り入浴施設で諸々を済ませて夜に出発。土曜のうちに帰宅して、日曜日は衣替えと掃除をして、翌日からの生活に備えることができました。

 

夜、寝ながらの移動でしたが、子どもの負担は少ないようでしたし(布団におろしても起きず朝まで寝続けてました)、静かな車内でドライブを楽しむことができたので、旅行などのさいはしばらくこのスタイルで移動してもいいかなーと思っています。

 

ちなみに「日帰り入浴」とは、自治体が運営する銭湯のようなところで、多くはゴミの焼却所(クリーンセンターってやつです)と併設されていて200〜600円と比較的安い値段でお風呂を利用することができます。

 

私も息子たちも大きいお風呂が大好きなので普段もほぼ毎週、どこかの風呂に行っています(笑)