読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little Works

ワーキングマザーの子育て日記

やっと分かった、自律神経と免疫の関係。

なぜ春秋など季節の変わり目は風邪を引きやすいのか。

→気温の高低差が激しいとそれを調整するために自律神経が頑張るから。

 

というところまでは知ってた。

 

 

なぜ強いストレスを受け続けると体調を崩してしまうのか。

→ストレスに対抗するために自律神経が頑張るから。

 

というところまでは知ってた。

 

じゃあなぜ自律神経が頑張ると風邪を引きやすくなったり、体調が崩れてしまうんだろうか、、

 

 

という一歩踏み込んだ疑問に見事答えてくれる、

しかも医療素人でも分かるように書いてくれている本が、あった〜〜〜♪♪

 

 

安保徹最強の免疫学―病気は自分で治せる!

安保徹最強の免疫学―病気は自分で治せる!

 

 

 

絶版本ですが、上記の内容に興味のある方、自己免疫について知りたい方にオススメです。

 

ちょい難しいので考えながら読み進める感じの本で、とても要約できそうにないのですが、ちょ〜ざっくり言うとこんな感じです。

 

自律神経には、頑張る時の交感神経とリラックスの副交感神経の2種類があります。

そして、免疫を司る主な舞台となるのは白血球だそうです。

白血球には、交感神経優位の時に増える顆粒球と、副交感神経優位の時に増えるリンパ球、さらに、それらの案内役となるマクロファージという3種類があります。

 

3つの中で、免疫力を発揮して、病気を予防するのは副交感神経優位の時に増えるリンパ球です。ですが、季節の変わり目で気候が変わりやすかったり、ストレスに対抗しなければならないような状況の時には交感神経優位となり、顆粒球が増えてリンパ球が減ってしまう。これが、病気になってしまう所以だそうです。

 

さらに、この顆粒球は細菌を食べる働きをするが、後にうみや活性酸素となって病気の原因となってしまうんだそうです。

 

雨の日にやる気が起きないのは、低気圧の時は副交感神経優位となってリラックス状態になってしまうから、ストレスがなさすぎるのも問題、、などなど他にも興味深い内容盛りだくさんでした。

 

 

身体・医療に関する本、、実に様々な人が様々な見解を説いていて、何が真実かはさほど問題でなく、自分がその時々で求めているものに辿り着いた時に喜びを見出すことができれば、読書は、こんな楽しいことはない!です。

 

以上、胃腸炎明けでフラフラの中お伝えしました〜〜(←説得力ゼロ)

皆様どうぞお気をつけて。

母の夢、実現へ


f:id:akikotkg318:20161124102215j:image

私の母が先日、ネパールに向けて旅立ちました。今年で還暦を迎える母。記念に、長年の夢だった、ヒマラヤ山脈のトレッキングに向かいました。

 

高卒後18歳から公務員として働き続け、50代で介護士に転職、今も現役で夜勤もこなすスーパーワーママです。

 

働きながら子どもを育てる、そのモデルは確実に母の背中を見て受け継がれています。

 

日本は大荒れの天気ですが、母のいる標高4000mの世界が好天に恵まれることを願っています。

 

 


f:id:akikotkg318:20161124103708j:image

経由地のタイは32度の真夏だったそう、2度で大雪の流山、その差30度!

神経衰弱の一歩前


f:id:akikotkg318:20161123162109j:image

「これとおんなじのどーれだ!」

 

で遊んでます。先に見つけた方がカードを取れる、というルールを守って遊べるようになったなんて、成長したなぁ!

 

取り方にそれぞれの性格の違いが出て面白いです。

兄は手が先に出ちゃってお手つきばかり、、がめついぜ

 

キーナーメモリーいいなぁ、と思ってたけどフリマで100円でゲットしたこちらで十分遊べそうです。

 

Kiener/キーナー社 キーナーメモリー

Kiener/キーナー社 キーナーメモリー

 

 

ひらがなマシーンの良し悪し



f:id:akikotkg318:20161116103050j:image

保育園でひらがな勉強中の息子たちに、フリマアプリでしまじろうのひらがなマシーンを買いました(やすっ!)。

 

このマシーンのためにこどもちゃれんじに入会する人もいる(ですぐやめる)、と聞いたことがあったので期待してました。

 

到着して一週間、まだ毎日取り合いです(汗)お友達が遊びに来た時のために〜という名目もあり、2台購入。もう1台の到着が待たれます。

 


f:id:akikotkg318:20161116095638j:image

ひらがなを押すとしゃべる。その機能だけでも十分でしたが、数字もある録音機能もあるそして、

 


f:id:akikotkg318:20161116095741j:image

カードを挿入すると反応して問題を出してくれる…(!!)おばちゃんびっくり、息子たち狂喜。タ行くらいまで分かるみたいで結構当たる。

 
f:id:akikotkg318:20161116095947j:image

カードはこんな風に収納できちゃうもんだからそれも嬉しいみたいで、寝室にも、保育園にも持って行こうとする。

 

このマシーン自体は、さすがこどもちゃれんじ!至れり尽くせり!と非常に満足ですが、

 

こういうマシーン的な物にハマってしまうと、他の物で全然遊ばなくなり、

 

しかもマシーンに誘導されるまま遊ぶしか遊び方がないので、想像力を掻き立てられることもなければ手を動かして試行錯誤することもない。

 

幼児期のうちは想像力たくましく自分で遊びを見出してほしいと思ってますので、受け身のおもちゃを安易に与えすぎてしまうのは良くないかな〜と思った今日この頃です。

 

まだしばらくはひらがなマシーンブーム、続きそうですが。