読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little Works

ワーキングマザーの子育て日記

与えられた環境で価値を最大化すること。

f:id:akikotkg318:20161020233645j:image

 

今、主だった活動(仕事)が3つありまして、どれも手を抜けないのでちょっと目まぐるしい状況となっており…かつ、お仕事の一環で、ほぼ毎日ブログの記事を書いておりまして、完全にアウトプット過多になっております。

 

そんな言い訳はさておいて、先日友人との会食でフレンチレストランを利用しました。

フレンチレストランと言っても、ブラッスリーを謳ってるお店ですので、高級フレンチとは違い¥1,500で前菜・メイン・ドリンク・デザートまでついてくる非常にリーズナブルなものでした。

 

トップの写真がその時のメインディッシュ、【鶏むね肉の根菜スープ仕立て】です。例えばこれがミシュラン星付きフレンチでのランチだったら、きっとお肉のメインは仔羊か仔牛、百歩譲って豚です。しかし先程も書いた通り、このランチは1人1,500円で利益が出るように提供されなければなりません。その結果が、【鶏むね肉】の根菜スープ仕立てでした。

 

友人とは久しぶりの再開で、しかし1時間しか時間が取れなかったのでお互い止まらないマシンガントークを繰り広げていたのですが、この鶏むね肉を食べた友人が突然会話をシャットアウトし「これはうまいなぁ。」とこぼしたんです。聞くと、その鶏むね肉には真空調理法という比較的新しい調理法が用いられていました。すぐに噛み切れるくらい柔らかく、そして下味とスープの味が染み込んだ絶妙な仕上がりになっていました。

 

このお店のコンセプトは、生産者がこだわって作った野菜を提供する身近なフレンチ、アットホームなフレンチだそうです。こじんまりとした店内ですが、お店は平日の昼にもかかわらず赤ちゃん連れのママから、年配女性のグループまで幅広い年齢層で賑わっていました。

 

このランチをいただいた時に、すーーーっと視界が開けたような気がしたんです。今の時代、どこにいても、お金さえ出せばいくらでも美味しいものは食べられるし、お金さえ出せばいくらでも望むサービスを受けることができる。しかし、そのお金を得るために大きな犠牲を払っていることってあるんじゃないか。さらには、お金をかけることで思考停止に陥ってることってあるんじゃないか。と思うわけです。

 

ブレない軸を持ちつつ、常に考え、試行し、与えられた環境の中で価値を最大化すること。結果として身も心も豊かになること。

私もそんなことを目指してやっていこうと、決意を新たにした秋の昼下がりでした。

 

ごちそうさまでした。