Little Works

ワーキングマザーの子育て日記

扁桃腺切除、、のその前に。

いびきと睡眠時無呼吸症候群の改善のため、大きな病院で診察を受けた弟。

 

8:30に診察受付をして、診てもらえたのが10:30、、さすが大病院の初診。。

 

症状を伝え、睡眠時の動画を見てもらいました。先生は、喉の扁桃腺やリンパの腫れなどを確認した後、ファイバースコープで耳の中を見る&撮影。

この時、アデノイドの肥大があるかも確認するため鼻にもファイバースコープを入れましたが、中の空洞が小さく、痛がり、鼻血が出て、、など確認が困難な様子でした。3歳児の鼻は小さい。

 

診察の結果、滲出(しんしゅつ)性中耳炎になってますね〜と言われ、鼓膜の検査とレントゲン検査もすることに。

 

滲出性中耳炎、耳鼻科によくポスターが貼ってあるので名前は知ってましたが、まさかそれになっているとは。聞こえが悪そうな様子はなく、気付かなかった。。

 

鼓膜内に水がたまり、本人はエレベーターに乗った時のような張りを感じるそうですが、確かに言われてみれば、お風呂上がりなどに、耳をホジホジしてる時が、あったようななかったような、、(遠い目)

 

というわけでまずは中耳炎を治しましょう、ということでお薬をもらいました。

 

帰りがけ、「いびきの原因、それかもしれないですね!?」となかば期待を込めて聞く私に先生が

 

「いや、扁桃腺は大きいので、いびきはそっちだと思います。希望があれば取りますよ〜」とさらり。

 

睡眠時無呼吸症候群がどうかは、専門機関でポリグラフ検査を受ける必要があり、現段階では、その可能性がある、ということに留まります。

 

扁桃腺の切除は親の希望に依るところが大きいらしく、次回診察の時にどうするかを伝えることになりました。

 

扁桃腺切除関連で混乱してるところに、滲出性中耳炎が出てきたので、もう何がなにやら。(薬飲んで治らない場合、切開かもだって〜(TT))

 

次の懸念事項は、弟が滲出性中耳炎なら、兄もそうだろう、、という不安です。。。

 

また耳鼻科だ、、、