Little Works

ワーキングマザーの子育て日記

アーティストと育児 アーティストが育児を

先日、市内某所で開催されたハンドメイドの市場に友人が出店するとのことで、売り子としてお手伝いをしに行ってきました。

オープン1時間前。次々と設営されていく周りの店舗。

屋外で強風にあおられながらも、友人は次々とディスプレイを完成させていきます。限られた資材、スペースでありながら、飾られているものはどれも、うなるほど素敵なもので、そのセンスが遺憾なく発揮されていました。

 

条件に妥協することなく、美しいものを作っていく様はさながらプロのアーティストで、私は横でただうっとりとため息をつくばかりでした。

 

友人の出店のお手伝いをするのは2回目ですが、今回、私は彼女がアーティストなのだと確信しました。

 

彼女は今、3歳双子の娘ちゃんを前に、育児の壁にぶつかっていました。幼稚園の入園を来週に控え、24時間育児に奮闘しています。家事・育児がクリエイティビティと無縁とは言いませんが、アーティストにとって、クリエイティビティが発揮される場が制限されることは、かなりのストレスであるのだろうと、勝手に想像してしまいました。

 

洋服のセンスの良し悪しがある様に、スポーツの得手、不得手がある様に、育児に得手、不得手がある。時に自分を追い詰めて辛くなってしまう時がある。

でもそれは決して自分を責めることではなく、他の秀でた分野に今はフタをしてしまっている時なだけなのだと思う。

 

焦らないで。虎視眈々と自分を発揮する機会をうかがってやろうじゃないの。

 

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

※ブログのモチベーションアップの為、久しぶりににほんブログ村のランキングに参加することにしました。どちらかクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村