Little Works

ワーキングマザーの子育て日記

4歳児とマラソン対決

夕方、保育園の帰り道。

家の前の道路でご近所のお友達が遊んでいた。

 

息子たちも遊びたいというので、夕飯の時間までという約束で一緒に遊ぶことにしました。今、ご近所ではちょっとしたマラソンブーム。

というのも、小学校がマラソン大会を開催するので、積極的に自主練習するご近所のお兄ちゃんお姉ちゃんがいるのです。

 

そんな中、保育園の同じクラスのお友達(4歳の年少さん)A君も走りたいというので、私も付き添いで一緒に走ることに。走り出しから全速力。小走り、という程度では追いつけず、マジ走りで追いかける。すぐに疲れて歩き出すだろうと思いきや、なかなかペースが落ちない、こちらも息が上がってくる。家の周り約300メートルを走りきり、そのまま2周目に突入。

え、、聞いてないよ、、と焦る私。すでに足は重く、汗もかき始め、呼吸が荒い。

一向に落ちることなく走り続けるA君。ゼーゼー言いながら追いかけること約5分。気がつけば4周、約1200メートル走っていました。

4歳児、完全になめてました。。こんなに走り続けられる(しかも嬉々として)なんて、こりゃ才能だ!と絶賛してしまいました。

 

そんなA君ですが、身体が硬く、体操が苦手なんだそうです。なので、保育園内で夕方に通える体操クラブにも通わず。A君のお母さんとしては、体操クラブに通って欲しいようで、何度か誘っているのも聞いているのですが、本人は頑として入ろうとせず。

ひとえに「運動」といってもこんな得手・不得手がある。一人ひとり違う。

4歳の子とマラソン対決をして、そんな気づきが得られたことを嬉しく思った霜月の月末でした。

 

 

 

翻って、我が家の息子たち、、

 

 

一通りマラソンを走り終えてダラダラしていたら、「僕もマラソンやりたい!」というので、喜んで一緒にヨーイドン!をするも、30メートルで立ち止まり「お母さんと手をつないで走りたい」と言い、のんびり走る(歩く)こと1周。終いには「抱っこして帰りたい〜」という始末。。

 

体力も根性もない息子たちですが、、、彼らには彼らなりのいいとこがあると信じて。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

※ブログのモチベーションアップの為、久しぶりににほんブログ村のランキングに参加することにしました。どちらかクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村